2006年03月29日

1979:インベーダーゲームからビジネスモデル形成(2)

インベーダーゲームがブームを作り、インベーダーゲームに当て込んで一儲けしようとした末端の人たち。
一部のパチンコ店や喫茶店はインベーダーハウスやゲーム喫茶と呼ばれるゲームを楽しめるスペースに衣替えを始めました。これらの店舗のオーナーはゲーム機をどのような形態で運用していたのでしょうか? 実は私もよく知りませんが、後の業態から想像すると2つのパターンであったと思われます。
(1)ゲーム機を購入し、自分の資産としてゲーム機を運用する。
(2)ゲーム機をレンタルし、レンタル料を支払いながらゲーム機を運用する。

なぜ、レンタルという形態が現れるかというと、ゲーム機が高価な製品であったためと思われます。1台15万円前後のゲーム機を十台程並べる為の初期費用はなかなか大変です。そして、この時期はブームの影響で深刻な品薄状況のため1台の価格が数10万円〜100万円にまで跳ね上がっていたそうです。
こんな状況では手持ちの資金を持っていない店舗経営者は高価なゲーム機を購入することは困難です。そこで、出てくるのがレンタルという形態です。

さて、遊園地のゲームコーナーやデパートの屋上などに昔からゲーム機をレンタル、あるいは喫茶店やスナックなどにジュークボックスをレンタルしていた業態では売上げを、貸す側と借りる側で事前の取り決めに従った割合で分け合うということが行われていました。
・場所を貸すのでゲーム機を貸してください。
・ゲーム機を貸すので場所を貸してください。
・売上げは分け合いましょう。
この形態をそのままインベーダーハウス等に当てはめれば。。。
現実の商売の会話としては以下のような感じでしょうか。
「実は今、いい場所を持っているんでインベーダーゲームを置いて儲けたいんですよ。」
「あー、そこいい場所ですねインベーダーゲームをお貸し致しますよ。もちろんメンテナンスも行います。」「じゃあ、そこに置いたインベーダーゲームの売上げを半々で分け合いましょうか」

あるいは、インベーダーブームで無理をしてインベーダーゲームを多数購入してしまいブーム以後別のゲーム機を買うことができなくなった店舗オーナーに新しい機械を導入させる為に適用された形態だったのかもしれません。

とにかく、このレンタルから発展した形態は現在のゲームセンター共同経営の考え方の基本となっています。つまり、場所と引き換えにゲーム機の売上げを分け合うという考え方です。
これには更に運営する人の要素が加わってきますがそれはまた別の機会に。。。


posted by kagekino at 00:49| Comment(13) | TrackBack(0) | ゲームを取巻く社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。