2006年03月19日

1981:ルート16(採点)

ルート16検索して確認してみました。

意外と「ルート16」に関して記述しているサイトが少なかったのですが、以下のサイトが詳しかったです。
 「namco '70-'80's VIDEO GAMES MUSEUM」「ルート16」

あとは、「ルート16ターボ」というファミコン版ソフトが発売されていたようです。

-----------------------------------------
さて、それでは採点といきましょうか。

[時期]
(○) 1. ラリーXではない
 --> 当たり前
(×) 2. ラリーXよりも古い
 --> ラリーXは1980年でした。orz
(○) 3. 登場時期は1981年頃
(×) 4. パックマンよりも古い
 --> パックマンも1980年でした...
(○) 5. ヘッドオンよりも新しい

[内容]
(○) 1. 2段階のステージ構成:全体画面と各エリア内画面
(○) 2. 全体画面の画面上には16個の正方形のエリアが4列4行で並んでいる。
(○) 3. 全体画面では自機はほとんど点のような大きさ
(×) 4. 全体画面で自機を操作して16個あるエリアの中にあるフラッグを全部取る事が目的
 --> フラッグではなく
(○) 5. 16個の各エリアの中は迷路状(といっても行き止まりにはなってない)
(×) 6. 各エリアには必ず1個以上のフラッグがある
 --> フラッグではなく現金袋
(×) 7. 画面スクロールという概念はまだない
 --> 既に、ラリーXが出ていた。orz

[その他]
(×) 製造メーカー:わかりませんでした
 --> サン電子でした(これには意表を突かれた...)
(×) ラリーXの原型という位置づけ
 --> これを自車中心にスクロールさせたら
   ラリーXかなと思ってたけどかなり違ってましたね。
(×) ラリーという世界観
 --> ラリーではなく泥棒の車という背景
   何で、レーシングカーの形をしてるんだ??

「ルート16ターボ」手に入れて遊んでみたいなー。
posted by kagekino at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務用ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腕時計 販売
Posted by マーク バッグ at 2013年08月04日 00:39
靴購入
Posted by ビーズ ブレス 作り方 at 2013年08月04日 10:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。