2005年08月01日

インベーダーゲーム以前

1978年にタイトーがスペースインベーダーを発売しました。
業務用ゲーム業界が大きく変化した重要な時期です。
インベーダーゲーム以前の業務用ゲーム機はどこに設置されていたのでしょう?
私の思いつく限りでは遊園地のゲームコーナー、デパートの屋上、健康ランド、ボーリング場。
それでは、どんなゲーム機が設置されていたでしょう?
レーシング系のゲーム、パチンコ系、スロットマシン系、メダルゲーム、あれれ、あんまり思いつかないな。。。ただ、ひとつ言えることはこれらのマシンはほとんどがアメリカ製で日本製のものは少なかったようです。(ちなみにセガはこれらのゲーム機器の輸入販売及びレンタルする会社であったそうです。)

どのような人がこれらで遊んでいたのでしょう?
家族連れのお父さんと子供とか、若いカップルなどの一般の人で、ゲームマニアなどではありません。ゲームに魅せられてのめりこんでしまった人など存在しませんでした。一般の人がメインの楽しみのついでに立ち寄り、ささやかにお金を使うところという存在であったと思います。

※インベーダ以前のビデオ系業務用ゲームとしてはブロック崩しが少しだけ流行ってたかな?
posted by kagekino at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームを取巻く社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。