2005年08月23日

1981:電卓ゲーム:ボクシング

先日のゲーム&ウォッチ:ライオンは面白くなかったと書きましたが当時私がそのように感じた理由は実は今回の電卓ゲーム:ボクシングを同じ時期に手にしていたからかもしれません。
そう、このボクシングが非常に面白かったんです!

画面にはボクサーの上半身が向かい合わせに表示されています。
そして、操作できるアクションは以下の5種類
・上パンチ
・下パンチ
・上ガード
・下ガード
・スウェーバック
これを3つのボタンで操作します。
すなわち、上下切り替えボタン、パンチボタン、スウェーバックボタンの3つです。
この中で、上下切り替えボタンは同時に上ガード、下ガードとなります。

さらに、相手のパンチにタイミングよく自分のパンチを合わせるとカウンターを打つこともできました。どんな感じかというと相手の上段パンチの時に相手が一瞬、胸に手を引き付けてパンチが出る訳ですがこの胸に手を引き付けた瞬間にこちらの上段パンチを繰り出します。もし、このタイミングを少し間違えるとカウンターの相打ちになることもあります。

この、カウンターが決まるとなかなかいい効果音がして気持ち良かったものです。そのうち、カウンターのみで敵を倒すとかしてました。
う〜ん、久しぶりにやりたくなってしまった。。。
これも、今度実家帰ったときに探してみよう!
posted by kagekino at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具系小型ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。