2006年10月23日

1980〜:インベーダーゲームからビジネスモデル形成(3)

業務用ゲームの業界にはメーカー、ディストリビュータ、オペレータと呼ばれている3種類の業態があります。
まずは、メーカー。セガ、ナムコ、コナミ、タイトー、カプコン等、ゲーム機を製造販売している会社のことです。
それでは、ディストリビュータとオペレータというのはどのようなものなのでしょう?
端的に言うとディストリビュータは流通業者でオペレータは運営者となります。

もう少し詳しくいきましょう。まずはディストリビュータについて。
前回の記事で「ゲーム機を販売又は貸し出す」という話しを書きましたがこの「ゲーム機を販売又は貸し出す」側でメーカーではない業者がディストリビュータです。この人達は複数のメーカーからゲーム機を仕入れてゲームセンターに提供します。
ディストリビュータの存在意義は「小規模なオペレータへの商品提供」と「メーカーのしがらみが無い商品の提供」であると言えるでしょう。

最後にオペレータについて。
要はゲームセンターを運営しているところです。
物件を持っている経営者がその物件でお金を稼ぎたいと考えたときに自分で運営する場合、その経営者はオペレータと言うことになります。

ここで、またインベーダーの頃に戻りましょう。(いや、ギャラクシアンの頃ぐらいかな?)
インベーダーの頃にゲーム機を買って売ったり貸したりしていた業者はその後、ディストリビュータになりました。ゲームを買って(借りて)ゲームセンターとして自分で運営した業者はオペレータになりました。

それともう一つ、物件を持っているオーナーが物件を提供するだけというパターンがあります。
実は、これが業務用ゲーム業界特有の変な構造を形成する原因になっています。
ということで、次回につづく...

posted by kagekino at 03:29| Comment(30) | TrackBack(5) | 業務用ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

1981:ルート16(採点)

ルート16検索して確認してみました。

意外と「ルート16」に関して記述しているサイトが少なかったのですが、以下のサイトが詳しかったです。
 「namco '70-'80's VIDEO GAMES MUSEUM」「ルート16」

あとは、「ルート16ターボ」というファミコン版ソフトが発売されていたようです。

-----------------------------------------
さて、それでは採点といきましょうか。

[時期]
(○) 1. ラリーXではない
 --> 当たり前
(×) 2. ラリーXよりも古い
 --> ラリーXは1980年でした。orz
(○) 3. 登場時期は1981年頃
(×) 4. パックマンよりも古い
 --> パックマンも1980年でした...
(○) 5. ヘッドオンよりも新しい

[内容]
(○) 1. 2段階のステージ構成:全体画面と各エリア内画面
(○) 2. 全体画面の画面上には16個の正方形のエリアが4列4行で並んでいる。
(○) 3. 全体画面では自機はほとんど点のような大きさ
(×) 4. 全体画面で自機を操作して16個あるエリアの中にあるフラッグを全部取る事が目的
 --> フラッグではなく
(○) 5. 16個の各エリアの中は迷路状(といっても行き止まりにはなってない)
(×) 6. 各エリアには必ず1個以上のフラッグがある
 --> フラッグではなく現金袋
(×) 7. 画面スクロールという概念はまだない
 --> 既に、ラリーXが出ていた。orz

[その他]
(×) 製造メーカー:わかりませんでした
 --> サン電子でした(これには意表を突かれた...)
(×) ラリーXの原型という位置づけ
 --> これを自車中心にスクロールさせたら
   ラリーXかなと思ってたけどかなり違ってましたね。
(×) ラリーという世界観
 --> ラリーではなく泥棒の車という背景
   何で、レーシングカーの形をしてるんだ??

「ルート16ターボ」手に入れて遊んでみたいなー。
posted by kagekino at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務用ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

「ルート16」の記憶をたどってみる

先日、友人と昔のゲームの話でちょっと盛り上がった。
そこで出たのが「ルート16」。
まずは、本当に記憶だけで「ルート16」のことを書き出してみる。

[時期]
1. ラリーXではない
2. ラリーXよりも古い
3. 登場時期は1981年頃
4. パックマンよりも古い
5. ヘッドオンよりも新しい

[内容]
1. 2段階のステージ構成:全体画面と各エリア内画面
2. 全体画面の画面上には16個の正方形のエリアが4列4行で並んでいる。
3. 全体画面では自機はほとんど点のような大きさ
4. 全体画面で自機を操作して16個あるエリアの中にあるフラッグを全部取る事が目的
5. 16個の各エリアの中は迷路状(といっても行き止まりにはなってない)
6. 各エリアには必ず1個以上のフラッグがある
7. 画面スクロールという概念はまだない

[その他]
当時は斬新なゲームシステムで面白かった。
ルート16を発展させるとラリーXに繋がるような気がするからナムコ製?
でも、ナムコらしいスマートさが感じられない。どこ製だったかな〜

記憶だけではこんなもんでしょうかね。
う〜〜、検索していろいろ調べたい!

どれだけ間違ってるか? 名前間違えてたりして。。。
ということで、調べた結果は次回にでも書きます。
posted by kagekino at 10:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 業務用ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。